メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » AI人材育成・関連情報 » 機械学習エンジニアに求められるスキル
  

機械学習エンジニアに求められるスキル

機械学習エンジニアになるには

ディープラーニングのエンジニアのイメージ

機械学習エンジニアになるためには、エンジニアやプログラマーとして知識やスキルが必要です。エンジニア経験者でもなることが難しいと言われるのが機械学習エンジニアであり、その難易度は相当高いものがあります。

それでも決して目指せないというわけではなく、努力を重ねることで機械学習エンジニアを目指すことができます。AIやディープラーニングはトレンドの移り変わりが早い分野であり、常に最新の情報にキャッチアップできるような体制を整えておくことが重要です。

その中でアプリケーションやデータベースに関する知識を身につけていき、AIの分野で必要とされるスキルを身につけることがポイントです。

機械学習エンジニアに求められるスキル

機械学習エンジニアに求められるスキルとしては、一般的なシステム開発に求められるエンジニアやプログラマーとしてのスキルが挙げられます。機械学習においては、Python(パイソン)と呼ばれるプログラミング言語がよく使われます。

その他、C言語やC++、Javaなどの言語を使って開発できるスキルがあることも望ましいです。システムの設計や開発、運用といった一連の流れを経験していると機械学習エンジニアとしても活躍しやすくなります。

機械学習の関連セミナーまとめ

機械学習エンジニアの業務内容

機械学習エンジニアの業務はその名の通り、システムに機械学習アルゴリズムを設計・実装することです。AI開発や機械学習関連プロジェクトの中核を担い、プロダクトにAI・機械学習モデルを導入する業務がメインとなります。

コーディングをはじめ、データセットとWebアプリの連携といったプレイヤー的な役割から、プロジェクトの進捗管理といったマネジメントスキルも求められることもあります。

企業に属している場合、「AI」や「ビッグデータ」、「ディープラーニング」といった技術を活かして、アルゴリズムを構築して新しいサービス開発から既存サービスの連携まで多岐に渡ります。

既にAI開発の需要は高まっており、今後特に需要が伸びていくことが確実な職種であるといえるでしょう。

機械学習エンジニアの技術はどのように役立つのか

機械学習エンジニアの技術やスキルを身につけることで、ビジネスにおける活躍の場を広げることができます。機械学習エンジニアとしてAIの開発を行うこともできますし、自身でセミナーなどを開催して、多くの人に知識やノウハウを提供することもできるでしょう。

機械学習の技術はビジネスへの応用イメージが湧くため、ビジネス推進にも大きく寄与するでしょう。

また、未知のデータに対して予測を行ったり独自のアルゴリズムを開発できたりするなど、機械学習のみならずエンジニアとしての地位を確立することができます。

機械学習エンジニアの年収相場

機械学習エンジニアの年収相場としては、アメリカのデータが参考になります。アメリカではAI開発にかける費用や人材も多くなっており、高年収が期待できます。その相場として、Glassdoorのデータを参考にすると年収は1,400万円程度とされています。

今後、日本国内でも機械学習エンジニアの需要が高まっていき、年収アップにも期待が持てるようになるでしょう。

実践的な知識があることの指標となる資格
「E資格」とは

E資格の講座一覧・比較表をチェック

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選