メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » E資格とは~対策方法まとめ~ » 人工知能プログラミングのための
数学がわかる本
  

人工知能プログラミングのための
数学がわかる本

参考書の概要

人工知能プログラミングのための数学がわかる本
引用元:Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4046021969/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_L9u4FbX4MBTQY

著者紹介

石川聡彦

同書の著者である石川聡彦氏は、1992年生まれ、東京大学卒業。データ解析の研究・実務に従事した経験を生かし、オンライン学習サービス「Aidemy」をリリース。同サービスは、人工知能を扱うエンジニアに必要な技術を学ぶことができ、会員登録ユーザー数2万人以上を記録している。同書のほか、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしい深層学習の教科書 機械学習の基本から深層学習まで」などを刊行。

経歴

「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」の内容

人工知能プログラミングに必要とされる数学について、基本から優しく学ぶことができる参考書です。人工知能関連の書籍には数学が登場しますが、こういった数式への抵抗感をなくすことが目的。専門書を読むための基礎的な力を身につけられるように基本から解説しているため、数学が苦手な人でも読み進められます。後半では、Pythonのコードを動かすことで、より理解を深められるでしょう。演習問題や例題も掲載しています。

「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」の口コミ

「G検定に向けて数学分野の知識を確認するために使用。昔習った数学知識を基礎から思い出すためには丁度良いレベル。また、実践編はAIが実際にどういう計算を行っているかがイメージできて良かったが、DNNの計算式はちょっと難しすぎる。こちらは、大学で理系科目をやり込んでないと太刀打ちできない。」

引用元:ebook japan(https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/443255/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=dsa&utm_content=other&yclid=YSS.1001023618.EAIaIQobChMIrPL19efP7QIVF66WCh3niQKfEAAYASAAEgJqtfD_BwE

「この本だけで、理論を理解するのは難しいと思うけど、前提知識があるとだいぶ理解が進みます。実際にプログラミングしてみるのがいいかも。MNISTをテストデータに例が載ってる。」

引用元:ebook japan(https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/443255/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=dsa&utm_content=other&yclid=YSS.1001023618.EAIaIQobChMIrPL19efP7QIVF66WCh3niQKfEAAYASAAEgJqtfD_BwE

「数学の基礎の作り直しのために読書中本書はAidemy創業者が著者であり、実装部分も意識して書いてある。ディープラーニングで使用する数学の基礎知識の全体を網羅してあるため概要を簡単に学ぶには良いと思う。ただ個人的にはこの本以外の方がわかりやすかった」

引用元:ebook japan(https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/443255/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=dsa&utm_content=other&yclid=YSS.1001023618.EAIaIQobChMIrPL19efP7QIVF66WCh3niQKfEAAYASAAEgJqtfD_BwE

「初心者向けでわかりやすい。数学から人工知能の仕組みまで幅広く学べます。この本で全体感を掴んだ上でさらに詳細を学んでいけば効率がいいのではないでしょうか。」

引用元:ebook japan(https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/443255/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=dsa&utm_content=other&yclid=YSS.1001023618.EAIaIQobChMIrPL19efP7QIVF66WCh3niQKfEAAYASAAEgJqtfD_BwE

「本書に求められることは「根本的な理解のための」数学的知識かと思われますが、今ひとつな点が多く見受けられました。特に「証明の省略」、「数式展開の飛躍」は頂けません。一方、「使える知識を」というコンセプトの数学参考書とするには図示が足りず、他書と比較しても直感的なわかりやすさに欠けます。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2M62R04ZRC3I6/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4046021969

「正直言って私のkindleでは読みづらく耐えられませんでした。文字がちいさすぎるのと拡大表示すると画面スクロールが実用に耐えませんでした。どうしても読みたい場合、本を購入するしかないと思いました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R238IUTNJY2JZI/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4046021969

「この本は基本的な数学の復習から始まって、ニューラルネットワークの基本的理論までを初心者にも優しく辿っていきます。ググればすぐ出てくるようなことの連続ですが、流れがあるのでわかりやすい。ただ、途中から実践と言う割には全くcodeなどは出てこず、実際手を動かして機械学習を学ぶには全く他の本が必要です。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3JQDPU029MC1O/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4046021969

「ほぼ無知な状態で入門に良いかなと思って買ったのですが、自分の用途には合いませんでした。肝心なところがかなりアッサリと書かれており、逆に難しいと感じました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R22546YHYA3DRS/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4046021969

「高校で数学をあまり勉強せずに、同検定を受ける方も初歩から説明しているのでわかりやすいです。主性成分分析、K平均クラスタリング、最近傍法などを詳しく解説していればもっと洗練された内容になっていたと思います。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R28G8EGSINH63R/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4046021969

「数学から人工知能の仕組みまで幅広く学べます。この本で全体感を掴んだ上でさらに詳細を学んでいけば効率がいいのではないでしょうか。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3NWAUD08N4BEX/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4046021969

「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」のまとめ

同書では、中学1年生から高校の範囲の数学を復習することで、機械学習で使用する数学の基礎固めを行うことができます。数学から長い間離れており、この機会に復習したい方やこれまで専門書に出てきた数式が理解できない、といった方にもおすすめです。

AIエンジニア向け研修を
行っている
事業者一覧はこちら

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選