メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » E資格とは~対策方法まとめ~ » E資格は転職で使える?
  

E資格は転職で使える?

AI事業の成長

第3次AIブームといわれる現在、AI自らが知識を学んでいく機械学習や深層学習(ディープラーニング)のビジネスにおける実用性も向上し、本格的なAI導入を検討する企業も増えています。
独立系IT調査・コンサルティング会社ITRによる国内AI市場規模予測では、2018年度の市場規模は前年度比53.5%増で199億5000万円、23年度には約3.2倍の640億円に達するとされています。また、政府の人工知能技術戦略会議でも人工知能研究開発目標と産業化のロードマップが策定され、実現に向けた検討が行われています。
某転職求人誌に掲載されている企業のAIエンジニアの求人年収例を見ると、機械学習による材料開発が550~950万円、機械学習関連研究員が805~1505万円、機械学習による自社サービス改善が500~1200万円となっており、高いスキルを持つエンジニアほど高収入が期待できます。
今後ますます適用分野が広がることが予測されるAI関連産業では、AI技術者の需要はうなぎ登りに増えていくことが予想され、まさに売手市場となることでしょう。

参考資料

【PDF】人工知能技術戦略会議の取組状況

ITR調査

AIエンジニアの需要

AI時代の到来と言われ、自動車の自動運転、掃除機やエアコンなどのAI家電など、世の中のあらゆるところにAIの普及が広がり、それに伴いAIエンジニアの需要もますます増加しています。
具体的にAI技術が利用されているものをあげると、人工知能では「音声認識」「検索エンジン」「市場予測」などがあり、機械学習では「カメラの顔認識」「メールフィルタ」「ECサイトのレコメンド機能」などがあります。
また、AIは労働人工の減少や人手不足を解消する手段としても注目され、既にAIで自動化されている工場もあります。
現在、日本ではディープラーニング、ビッグデータ、IoTなど、AIに携わるエンジニアが不足しています。転職や就職で高収入を目指すエンジニアは、AI技術を身につけておくことが必須といえます。

AIエンジニアに必要な言語

人工知能や機械学習で使われている言語にはPython、Java、JavaScript、C、C++、R、Haskellなどがあります。最近のAIエンジニアの求人動向からみると、Top3はJavaScript、Java、Pythonとなっているので、この3言語でプログラミングでき、実装経験があるというエンジニアは、かなり就職・転職に有利になるでしょう。

E資格で目指せる高年収

自動運転、音声認識、ロボット開発、ビッグデータ解析、Webやスマホアプリ、電化製品など様々な分野にAI技術が活用され、今後も需要が高まることが予測される中、AIエンジニアは将来性のある職種といえるでしょう。人工知能や機械学習など高度な最先端技術が必要とされることから、SEなど一般エンジニアと比べると、AI技術者の収入は高めに設定されていることが多いです。
企業によって幅がありますが年収1000万円以上の転職求人もあり、スキルアップすることで、より高い年収を得られることが期待できます。
客観的なAI知識の証明にもなるE資格は、AI技術者として働くなら取得しておくべき資格といえるでしょう。

E資格を持っていると転職で有利?

ディープラーニングなどAI技術の発展とともに世界中でAI人材の不足が叫ばれていますが、特に日本のAI人材不足は深刻な問題となっています。中でもディープラーニングを実装できるエンジニアが圧倒的に不足しています。
そんな中、最近は日本でもAI関連の仕事をしたいという人や、E資格を受けてみたいという人が増えてきています。ではE資格を持っていると転職に有利なのでしょうか?
E資格はディープラーニングの理論を理解し、適切な手法で実装する能力・知識があるかどうかを認定する試験で「一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下JDLA)」が行っています。AI技術を牽引する世界的にも有名な大手企業が監修、協賛するJDLA認定のE資格を持っているということは、AIエンジニアであることの証明となり、もちろん就職や転職にも有利になります。
今度、AI技術が発展していく上で、ますますE資格の価値が高まっていくことが予想されています。

E資格が優遇される転職求人例

【データサイエンティスト】

参照:Indeed(https://jp.indeed.com/viewjob?jk=df33db506799a140&from=tp-serp&tk=1ebie23go0uji000

【機械学習・深層学習エンジニア】

【データサイエンティスト】

関連ページ

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)
対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)
対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)
対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選