メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » AI白書2020
  

AI白書2020

参考書の概要

著者紹介

同書は独立行政法人情報処理推進機構(IPA)により刊行された書籍です。IPAは、日本におけるIT国家戦略を技術面や人材面の両面から支えることを目的として設立された独立行政法人。情報セキュリティ対策の強化や優れたIT人材育成のための活動に取り組んでいます。またITを取り巻く環境の急速な変化を踏まえてIT社会の動向調査にも取り組んでおり、安全なIT社会の実現に貢献するための基盤づくりを行っています。

「AI白書2020」の内容

人工知能に関する国内外の最新動向がわかる一冊。AIの基礎的な技術解説をはじめとし、さまざまな導入事例や政策面における取り組み、中国のAI動向データなど、幅広い話題を収録しています。AI白書2019に最新情報を加えることにより、大幅にアップデート。さらに日本においてAI社会の実装を進めるために必要とされる、人材育成の取り組みについても知ることができる内容です。また、同書はG検定の参考図書にもなっています。

「AI白書2020」の口コミ

「内容濃いいですよ!ただ持ち歩くには重過ぎなんで、上中下の3部作に分けた方が読みやすいと思います…」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1AYCJE1664UZC/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B085RKWNPB)

「非常に細かいところまで記述されており、最近の動向や過去の重要な事例を知ることができるという点で素晴らしい一冊です。しかしながら、白書というだけあって読ませることを念頭に置いているのか、文章が多く、Kindle で読むと目も疲れるし非常に長く感じます。過去作を参照している箇所があるため、過去作にも目を通すことを考えると、人によっては手を出すのがしんどく感じるかもしれません。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RTH0E2YH7TOJZ/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B085RKWNPB)

「これはキンドル版だけど、基本紙媒体の出版物なので最新の情報が掲載されているわけではありません。G検定は、その時のテストによって出題される法律に異常な偏りがあるので、資格の参考書にもなりません。業界最前線の人のインタビューは参考になるけど、インタビューのページを増やして欲しい。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R7FGYKPEAGWUE/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4049110342)

「G検定用に購入しました。かなりの分量ですが、豊富なAIに関する最新情報が纏まっています。全部を理解するのは大変なので、自分が関わる部分を読み、最新状況を掴むといった使い方になると思います。ただ、説明に関し、前年部分を参照する事を求められたり、かなり詳細に書かれている裏返しとして、全体を俯瞰する様な記述は少ないです。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1JGVOZDL3TBMK/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B085RKWNPB)

「ディープラーニング検定を受けるために買いました。試験中1回だけこの本を開き、答えを見つけられました。合格もできたので、買ってよかったのかと思います。ただ、少し難しい本でした。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R27JZFII35DXDO/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B085RKWNPB)

「AI技術の動向が分かる素晴らしい書籍ですが、できれば無料で、最悪検索できる形での電子書籍を望みたいです。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3RFM101TJACQV/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B085RKWNPB)

「レビューから分量が多いとのコメントが多くあったが、読みきれるだろうと考えて手に入れた。しかし、本当に多かった。白書と初めて向き合ったので、使い方を考える良い機会となった。目的を持って資料として活用していくことが正しいようである。」

引用元:読書メーター(https://bookmeter.com/books/14989826)

「とにかくボリュームがある。読み切ったが理解するにはまだまだ。手元資料としては良さそうだが、進歩が速いから意味ないのかな…」

引用元:読書メーター(https://bookmeter.com/books/14989826)

「AI 白書は530ページとかなりボリューム満点なのですが、現在の日本そして世界のAIの技術動向や産業利用、そしてそのボトルネックとなっている制度改革や、AI人材の育成に関する取り組みが分かる一冊でした。」

引用元:サラリーマンにオススメな最強の自己投資ブログ(https://iroirotantan.com/g-kentei-aihakusho/#toc8)

「ディープラーニングG検定対策のために購入。公式テキストや黒本では足りないディープラーニングの新しい情報を得るために不可欠だが、第2章の2.2 2.3 2.5と第4章の4.2 4.3 4.5だけ読んでおけば十分だと思う。」

引用元:BookLive(https://booklive.jp/review/list/title_id/508752/vol_no/003)

「AI白書2020」のまとめ

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)による、人工知能の最新動向がわかる一冊です。日本だけではなく海外の技術動向、制度改革やAI人材の育成に関する取り組みについても知ることができるため、必携の書籍といえるでしょう。

関連ページ

DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~

G検定とは
G検定のメリットとは
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
G検定対策の講座一覧・比較表
徹底攻略ディープラーニングG検定問題集
ディープラーニングG検定公式テキスト
G検定で求められる数学レベルとは?
G検定に独学で合格するための
学習方法・対策
最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト) 問題集
G検定の難易度