メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » 最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト) 問題集
  

最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト) 問題集

参考書の概要

著者紹介

高橋 光太郎

著者の一人である高橋 光太郎氏は、東京大学大学院複雑理工学専攻修了。AI人材育成事業・AI技術開発事業・G検定対策講座・E資格認定プログラムなどを手がける株式会社AVILEN取締役。これまでに機械学習を用いた地震発生時の即時津波高予測の研究に従事しており、自然言語や画像データの分析・モデル開発経験が豊富。また、日本ディープラーニング協会では産業促進委員を務めており、AIジェネラリストの育成にも力を入れています。

経歴

2012年3月 私立世田谷学園高等学校 卒業
2016年7月 EC San Diego 修了
2017年1月 UCSD Extention 修了
2018年3月 東京理科大学工学部経営工学科 卒業
2018年4月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 入学

「最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト)
問題集」の内容

傾向が変わったG検定の内容を分析して、重要な部分を網羅した問題集です。この書籍は、G検定やE資格に関する教育実績を持つ、株式会社AVILENの執筆陣が丁寧に解説している点が特徴。G検定の受験に備えて、付け焼き刃の知識ではなく、しっかりとした理解ができるような構成となっています。また、各章の終わりには重要語句をまとめたページもありますので、G検定の合格を目指す人は、検定試験前にチャレンジしておきたい一冊といえるでしょう。

「最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト)
問題集」の口コミ

「今回は合格するため、全てのG検定参考書に目を通してから購入しました。その結果、この問題集が一番クオリティが高かったです。問題は実際の試験問題に近く、出題範囲もしっかり網羅されていると感じました。解説もどの書籍よりも丁寧です。各章の終わりに用語集として重要語句がまとまっているので、知識の確認も出来ます。ただ、充実している分、勉強に時間が掛かりそうです。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3HV637I6XA2C4/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「今回新しく出版されたこの本を読んで、チンプンカンプンだった強化学習が少しイメージできたことがよかったです。 各章末の用語解説も試験対策に嬉しいです。かつての受験者の感想で法律問題で絶望したと聞くので、もう少し法律問題が欲しかったのですが、法律問題の解き方の説明があって、国語力大事だねとわかったのでその辺を参考に対策しておこうと思いました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R22E7F7Z11WY5W/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「各章ごとにその概要が書いてあり、各問題ごとに難易度とチェックボックス(何度もやれるようにでしょう)があり、勉強しやすいです。解説のあるページが問題ごとに記載されているのも良いですね。解説はイラスト付きのものも多く、いわゆる学術書のような堅い文でもないため、直感的に分かりやすいです。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1RMTAB2GD2EIZ/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「過去問は公開されていないし対策に悩んでいましたが、これは試験前に必読しておくべき本の一冊かと。広範囲に問題は作成されているし、解説も丁寧にしっかり有ります。発売してまだ新しいということもあるのでしょうが、これを読み込めば何とかなるような気がしてきました。ディープラーニングを初めて学習するうえで試験に不安を抱えている方にはおすすめです。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1GRFW2HRZINI9/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「内容がスッキリまとまっており、問題に対する解説が詳しいので、解答を見てまた復習が出来る感じがします。重要キーワードも強調されており、とにかくわかりやすいのが特徴です。サクサク進められるので、試験までに何回が読み返しながら理解を深めようと思います。初めは、かなり遠くに感じていたゴールが、この問題集のおかげで、大分近づいて来たような実感を持てました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1P7PVY00CD1KW/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「公式テキストでは解説が省略されていてちんぷんかんぷんだった内容も、この本を読んで理解できたこともそこそこありました。問題集ですが、解説がしっかりしています。正直、この本のおかげで合格できたと言っても過言ではありません。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2F0XTQ86P55LO/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「前回試験の範囲をしっかり網羅した内容で合格までに心強い一冊です。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1WUUMXX4045TC/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「章の構成は、概要、問題、解説、キーワードになっていて、解説がとても詳しく書いてあります。図やグラフなども豊富なのでイメージが付きやすくて、すんなり理解することができました。キーワード解説が章の最後にまとまっているので、新しく知った覚えにくい言葉を復習するのに便利です。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R35FQJJ6H4V01C/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B08JSLKQ27)

「2020年11月07日に第3回のG検定試験を受験しました。この本だけを勉強しましたが、見事、一発合格できました!合格できた理由は、本の内容と試験がマッチしていることが大きかったです。」

引用元:bookfanプレミアム(https://store.shopping.yahoo.co.jp/bookfan/bk-429711609x.html?sc_i=shp_pc_ranking-cate_mdRankList-001_image)

「公式テキストだけでは理解不足を感じましたが、問題を解くことで理解が深まりました。」

引用元:bookfanプレミアム(https://store.shopping.yahoo.co.jp/bookfan/bk-429711609x.html?sc_i=shp_pc_ranking-cate_mdRankList-001_image)

「最短突破 ディープラーニングG検定
(ジェネラリスト) 問題集」のまとめ

実際に使用した人の口コミからも、「非常にわかりやすく試験に役立った」との声が多く見られた問題集。広範囲の内容を網羅していることからも、G検定合格を目指す人にとって、ぜひ目を通しておきたい一冊といえるのではないでしょうか。

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選