メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定取得対策ナレッジ » G検定の受験料

G検定の受験料

G検定の受験料

※申込はG検定受験サイト(https://www.jdla-exam.org/d/)から、クレジットカードまたはコンビニ決済で申し込んでください。
※詳細は公式HPを参照ください。https://www.jdla.org/

G検定推薦図書一覧

ディープラーニング活用の教科書 実践編

本の概要

実際のビジネスに溶け込んでサービスや商品活用が始まっているディープラーニング。その最先端の実践的事例である「ディープラーニングビジネス活用アワード」を受賞した6プロジェクト全てが紹介されています。紹介されているのは、キユーピーの「AI食品原料検査装置」、楽天の自動翻訳プロジェクト「Rakuten Translate」、荏原環境プラントの「ごみ焼却プラント運転自動化プロジェクト」、AnyTechの「水質判定AIDeepLiquid」、ユニファの「写真自動判定システムによる保育士の業務負荷軽減」、プラグの「パッケージデザインの好意度スコアを予測するAIサービス」の6事例です。

読んだ人の感想

人間の仕事がAIにとってかわるという話について、具体的に知りたい人におすすめです。どんな産業のどんな分野にディープラーニングが適用されているか、導入した理由、どんな課題があるのか、導入によりどんな価値があり、どのように効率化されたのかなどについて企業名とともに紹介されていてジェネラリスト向けの本だと思いました。

【引用元】
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%B7%A8-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%8D%94%E4%BC%9A/product-reviews/4296104543/ref=cm_cr_dp_d_show_all_btm?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews

使用したアルゴリズム、フレームワーク、問題点などが活用事例とともに書かれてあり、専門家でなくてもわかりやすい内容になっています。

【引用元】
https://bookmeter.com/books/13216722

深層学習教科書ディープラーニングG検定(ジェネラリスト) 公式テキスト

本の概要

G検定(ジェネラリスト検定)を受験しようと思っている人、これからディープラーニングについて学びたい人、事業にディープラーニングを活用したいと思っている人向けに、日本ディープラーニング協会が執筆した本です。シラバス「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018」に完全準拠し、各章末に練習問題があるのでG検定の試験勉強に最適です。ディープラーニングに関する最新事情も学ぶことができます。

読んだ人の感想

G検定の受験に必要な知識がまとめられています。ディープラーニングやAI関連の重要キーワードについて解説され、図を用いた説明もあってわかりやすいです。これまでの歴史についても書かれているので、ディープラーニングに興味があるなら受験と関係なく読んでも面白い本です。

【引用元】
https://www.amazon.co.jp/%E6%B7%B1%E5%B1%A4%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-G%E6%A4%9C%E5%AE%9A-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88/dp/4798157554/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E6%B7%B1%E5%B1%A4%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0G%E6%A4%9C%E5%AE%9A%28%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%29+%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88&qid=1587542442&sr=8-1

文科系の学生でAIについての知識はゼロでしたが、G検定を受験するために購入しました。4~5時間で読み終わりますが、何度も繰り返して読みました。試験用の本は面白くないというイメージがあったのですが、この本は面白くて熱中して読みました。その結果G検定にも合格できました。

【引用元】
https://www.amazon.co.jp/%E6%B7%B1%E5%B1%A4%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-G%E6%A4%9C%E5%AE%9A-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88/dp/4798157554/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E6%B7%B1%E5%B1%A4%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0G%E6%A4%9C%E5%AE%9A%28%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%29+%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88&qid=1587542442&sr=8-1

ディープラーニング活用の教科書

本の概要

国内35社の事例を体系的に取り上げ、ディープラーニングが与えるインパクトや先駆者が苦労した点などについて解説された本で、日本ディープラーニング協会が監修しています。第1章は東京大学大学院工学系研究科 松尾豊特任准教授による「ディープラーニングをベースにしたAIの技術的発展」(ロードマップ)で、第2~5章で、ロードマップを基にした国内の事例を分類して紹介、第6章はビジネス活用Q&Aについて記載されています。

読んだ人の感想

AIベンチャー企業へ転職をするので読んでみました。この本は実際のビジネスにおいて、AIがどのように導入されて成果を上げているかについて紹介されています。事例が豊富で内容も良くまとまっているのでAIビジネスの動向が良くわかりました。
・現在のディープラーニング活用事例が35社も掲載されているので、ディープラーニングがどんな業種で、どのように活用されているのか具体的にイメージすることができました。人工知能は人間を超えるレベルまで進んでいるが、実際に現場で活用されている事例が、まだ少ないということもわかりました。

【引用元】
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%8D%94%E4%BC%9A/dp/4296100548/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8&qid=1587543342&sr=8-2

G検定を取得するのにいくらかかるのか

講座の受講費用

全人類がわかるG検定対策コース(AVILEN)

料金 19,000円(税込)
受講方法 オンライン
合格保証 あり

AVILENの「全人類がわかるG検定対策コース」は、AIをこれから学び始める人向けの入門講座。スマホでも視聴できる1講義10分以下のオンライン講義なので飽きずに続けることができます。教育のプロであり、AI開発経験も豊富な講師が担当する講義には、デザイナーが監修した図解入りでわかりやすいテキストを利用し、試験対策用の問題集もついています。万一試験に合格できなかった場合の全額返金保証サポートもあります。

【引用元】
https://avilen.co.jp/service/ai-business-course/

G検定対策講座(Aidemy)

料金 20,854円~(税別)
受講方法 オンライン
合格保証 なし

Aidemyの人工知能学習コースには、6つのスタートコース、7つのエンジニアコース、7つのビジネスコースがあり、コースの中から最適なものを選べるようになっています。G検定向けのコースだけでなく、ディープラーニングの基礎、AIプラットフォーム、プログラミング言語Python、機械学習、AIマーケター育成など、学びたい分野のコースを選んで学習することが可能。最先端のAI技術を幅広く学べます。AIの基礎知識を身につけたいが何から始めたらいいのかわからないという人のためのセレクトプランも用意されています。上記価格は、2020年6月調査時点のG検定対策講座上・中・下を合算の価格です。

【引用元】
https://aidemy.net/courses

G検定対策講座(資格スクエア)

料金 66,000円(税込)
受講方法 オンライン
合格保証 なし

資格スクエアの「G検定対策講座」は、なんといっても日本ディープラーニング協会の有識者会員である浅川伸一博士の講義を受講できるところが一番のポイント。AI関連の著書も多く、わかりやすい講義でAIの理解力を深めることができます。もちろん講義はオンラインなので自分のペースで進められることができ、わからなかったところは何度も繰り返し視聴可能。浅川講師オリジナル、人工知能、機械学習、深層学習のテキスト3冊付。図やイラストも豊富に掲載され、ボリューム満点のテキストとなっています。

【引用元】
https://www.shikaku-square.com/ai-license/g-license」

受験費用

※申込はG検定受験サイト(https://www.jdla-exam.org/d/)から、クレジットカードまたはコンビニ決済で申し込んでください。

※詳細は公式HPを参照ください。https://www.jdla.org/

講座と問題集

ダブルで学べる
G検定資格取得講座

本で理解しきれない点を動画講習でカバーでき、多くの練習問題が用意されているG検定対策講座から
お得に受講できる事業者を比べてみました(価格はすべて2020年6月調査時点)。

AVILEN

受講料

19,000

合格保証

全額保証

演習問題

363

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点

AI研究所

受講料

48,000

合格保証

-

演習問題

100

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点

資格スクエア

受講料

60,000

合格保証

-

演習問題

200

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点