メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » G検定のメリットとは
  

G検定のメリットとは

G検定のメリット

G検定に合格するとさまざまなメリットがあります。ここでは「G検定とは」という点と合わせてどのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

そもそもG検定とは

G検定とは、一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施する資格試験の名称。ディープラーニングに関して基礎知識を持っているかどうか、さらにその知識を事業活用するスキルを持っているか、という点について問われます。

試験は年間で2〜3回実施されるため、詳細のスケジュールは公式ホームページを確認してみましょう。また、オンライン試験となり自宅での受験が可能。インターネットやテキストを見ながら回答ができますが、かなり問題数が多く、全てを調べている時間がないため、あらかじめ十分な試験対策が必要です。

ディープラーニングに対して体系的な知識が得られる

G検定は、ディープラーニングを事業活用する知識・能力を有しているかを確認する検定であるため、「体系的な知識が得られる」という点が大きなメリット。検定に向けて学習することにより、ディープラーニングなどに関する知識の定着が期待できます。

また、G検定に合格すると、知識を資格として証明することが可能。ロゴを名刺に記載できるため、初対面の相手だったとしても、自分がどのような知識を持っているかをアピールできるでしょう。

業務にいかせる

さらに、G検定に向けて学んだ内容を自身の今の仕事に生かせる点もメリットです。

人工知能に関わる仕事をしている場合はもちろんですが、IT企業の営業担当や企画などを担当している人の場合、自社の事業・製品についてより深く理解することができるようになるかもしれません。商談の場において、自社の製品をより強くアピールして有利に展開することができる、といったケースも考えられます。

就職・転職に使える

G検定に合格すると、AIに関する体系的な知識をもち、事業に活用するための能力を持つという点を証明できることから、就職活動や転職活動のアピールポイントになります。

特に機械学習に携わるエンジニアである「機械学習エンジニア」や、AIデータの分析に特化した業務を担当する「データサイエンティスト」などとして働きたい場合に有利になる可能性があります。

以上のことから、就職・転職活動のためにG検定を取得しようと考える人もいるようです。

コミュニティに参加できる

G検定に合格した場合には、コミュニティ「CDLE(シードル)」に参加できる、というメリットもあります。このコミュニティは、JDLA試験の合格者が情報交換などを行う目的で2018年に設立されたものです。

Slackをベースとしたコミュニティとなっており、試験に合格するとJDLA事務局から招待メールが送信されます。入会すると、コミュニティで開催されている勉強会やイベントなどへの参加が可能になるため、より自分の知識を深めるきっかけとなるでしょう。

関連ページ

DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~

G検定とは
AI白書2020
最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト) 問題集
G検定に独学で合格するための
学習方法・対策
G検定で求められる数学レベルとは?
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
ディープラーニングG検定公式テキスト
G検定対策の講座一覧・比較表
G検定の難易度
徹底攻略ディープラーニングG検定問題集