メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » G検定のメリットとは
  

G検定のメリットとは

G検定のメリット

G検定に合格するとさまざまなメリットがあります。ここでは「G検定とは」という点と合わせてどのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

そもそもG検定とは

G検定とは、一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施する資格試験の名称。ディープラーニングに関して基礎知識を持っているかどうか、さらにその知識を事業活用するスキルを持っているか、という点について問われます。

試験は年間で2〜3回実施されるため、詳細のスケジュールは公式ホームページを確認してみましょう。また、オンライン試験となり自宅での受験が可能。インターネットやテキストを見ながら回答ができますが、かなり問題数が多く、全てを調べている時間がないため、あらかじめ十分な試験対策が必要です。

ディープラーニングに対して体系的な知識が得られる

G検定は、ディープラーニングを事業活用する知識・能力を有しているかを確認する検定であるため、「体系的な知識が得られる」という点が大きなメリット。検定に向けて学習することにより、ディープラーニングなどに関する知識の定着が期待できます。

また、G検定に合格すると、知識を資格として証明することが可能。ロゴを名刺に記載できるため、初対面の相手だったとしても、自分がどのような知識を持っているかをアピールできるでしょう。

業務にいかせる

さらに、G検定に向けて学んだ内容を自身の今の仕事に生かせる点もメリットです。

人工知能に関わる仕事をしている場合はもちろんですが、IT企業の営業担当や企画などを担当している人の場合、自社の事業・製品についてより深く理解することができるようになるかもしれません。商談の場において、自社の製品をより強くアピールして有利に展開することができる、といったケースも考えられます。

就職・転職に使える

G検定に合格すると、AIに関する体系的な知識をもち、事業に活用するための能力を持つという点を証明できることから、就職活動や転職活動のアピールポイントになります。

特に機械学習に携わるエンジニアである「機械学習エンジニア」や、AIデータの分析に特化した業務を担当する「データサイエンティスト」などとして働きたい場合に有利になる可能性があります。

以上のことから、就職・転職活動のためにG検定を取得しようと考える人もいるようです。

コミュニティに参加できる

G検定に合格した場合には、コミュニティ「CDLE(シードル)」に参加できる、というメリットもあります。このコミュニティは、JDLA試験の合格者が情報交換などを行う目的で2018年に設立されたものです。

Slackをベースとしたコミュニティとなっており、試験に合格するとJDLA事務局から招待メールが送信されます。入会すると、コミュニティで開催されている勉強会やイベントなどへの参加が可能になるため、より自分の知識を深めるきっかけとなるでしょう。

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選