メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » 徹底攻略ディープラーニングG検定問題集
  

徹底攻略ディープラーニングG検定問題集

参考書の概要

著者紹介

明松真司

著者のひとりである明松真司氏は、東北大学理学部数学科を卒業した後、個人事業を経て合同会社Haikara Cityを創業。現在は高専教育や社会人向けのIT教育、WEB教育コンテンツの発信を行うとともに、画像解析システム研究開発企業に対して、機械学習やディープラーニングに関する数理コンサルティングや数学指導も行っています。同氏の主な著書には「線形空間論入門」などがあります。

経歴

「徹底攻略ディープラーニングG検定問題集」の内容

G検定に関して多数の合格者を輩出している、スキルアップAI社によるG検定の問題集。出題傾向を徹底的に分析した模擬問題集を収録していることに加え、丁寧でわかりやすい解説も掲載しています。業界第一人者とAI時代の教育機関により、正答のみではなく誤答に関しても技術解析を行っていることから、理解も早く、合格に一歩近づくことができるでしょう。試験前の実力確認のためにも、一度は挑戦しておきたい問題集となっています。

「徹底攻略ディープラーニングG検定問題集」の口コミ

「これらの本には載っていない最新技術や、新しい法律など、また、これらの本をさらに掘り下げた内容等が出題されており、この2冊でカバーできていたのは出題されたうち半分くらいの印象でした。ただ、この黒い本をやらないと解けなかったであろう問題も多数あったので、この本は必須だと思います」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2GCP39B9BG84J/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07NDVCN99)

「ダメもとで本書を購入。テストに準じた問題が多く、解説が丁寧で理解しやすかったです。1周目は全問題通して30%程度の正答率でしたが、4周まわして85%程度の正答率までもっていきました。それでも本番では60%~70%程度の出来でした。なんとか合格はしましたがギリギリでした。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2RSYIFIYDST9S/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07NDVCN99)

「G検定受ける人は、AIに関する基本的な知識を理解したい文系の人だと思うので、公式テキストがおすすめなんですが、合格するという意味では、こちらのほうがおすすめ。だって、同じ問題が結構出ました(2019年第一回試験で)。誤植が多くてあんまり信頼できないかなと思っていましたが、受験には、公式テキストより役に立ちました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2XPY8O9WJC277/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07NDVCN99)

「前提知識がない人がこの本だけやっても十分な知識はつかないと思いますので、この本+公式テキストくらいの知識は最低限必要だと思います。また、ジェネラリスト向けと言いつつ、やはりディープラーニングやその他機械学習のモデルを自分で組んで使ったことがあると有利だと思いました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R7XCYN8Y54BZN/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07NDVCN99)

「他の入門書を読んだ後か、ネット講座などで基本を少し学んだ後の方が良いですが、G検定に合格するため、この本が最も助かりました。広い範囲を平易な言葉で描いてくれているので、既存の知識と深層学習の常識がつながりやすい、画期的な本です。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RBO05Q1DU0JZX/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07NDVCN99)

「本書のような問題形式で学ぶことによって、自分が今何を理解していないのかが明確になり、そこから深い理解につなげることができました。問題の解説も非常に簡潔で分かりやすいため、検定を受けるつもりがなくても、入門書としても最適です。解説部分だけを抽出した薄い参考書も出版してほしいですね。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1BP1IE9AEQP03/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07NDVCN99)

「2019#2に合格しました。#回は繰り返しましたが黒本で試験問題をカバーしているのは60%ぐらい。これをベースに類推でとけた問題が多かったように思います。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RWYX81U3R9SIB/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07NDVCN99)

「G検定の場合、テキストに記載以上の内容が試験に出ます。単に問題集というよりも、解答の解説がテキストの補完になります。」

引用元:楽天ブックス(https://books.rakuten.co.jp/rb/15773926/)

「これだけで受かるものではないが、公式テキストで足りない部分はある程度補えると感じた。試験中は検索できるので、テキスト2周するよりは1周目に足りない知識を検索できるようにメモしておいたほうが効率的に感じる。」

引用元:Booklive(https://booklive.jp/product/index/title_id/587956/vol_no/001)

「公式参考書ではカバーしきれていないことも含まれており、基礎の復習としてはよい。」

引用元:Booklive(https://booklive.jp/product/index/title_id/587956/vol_no/001)

「徹底攻略ディープラーニングG検定問題集」のまとめ

公式テキストでは補えない部分を補完するという意味でも、G検定合格を目指す人であれば試験前に一度は挑戦しておきたい問題集。わかりやすい解説付きなので、自分が苦手な部分をカバーすることができるといえるでしょう。

関連ページ

DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~

G検定とは
G検定の難易度
最短突破 ディープラーニングG検定(ジェネラリスト) 問題集
G検定で求められる数学レベルとは?
AI白書2020
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
ディープラーニングG検定公式テキスト
G検定のメリットとは
G検定対策の講座一覧・比較表
G検定に独学で合格するための
学習方法・対策