メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
  

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの

参考書の概要

著者紹介

松尾豊

著者である松尾豊氏は、1997年東京大学工学部電子情報工学科卒業、2002年同大学院博士課程修了。東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻教授。人工知能、深層学習、ウェブ工学、ソーシャルメディア分析を専門分野としており、日本ディープラーニング協会会長などを務めています。「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」にて、大川出版賞など多数の賞を受賞。

経歴

「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先に
あるもの」の内容

人工知能学会における日本トップクラスの研究者の一人である著者が手がけた書籍。人工知能の技術に関する全体像や歴史的背景、そしてこれからについて解説しています。技術的な背景についてもわかりやすく解説されているため、前提知識がない場合でも理解できるでしょう。人工知能の現状、そして未来について知ることができる内容となっているため、人工知能に興味を持っている人はぜひ読んでおきたい一冊となっています。

「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先に
あるもの」の口コミ

「著者の松尾豊氏は人工知能を専門とする東大の准教授である。人工知能に関するブームと氷河期の繰り返しを当事者として眺めてきた立場から、「人工知能に対して過剰評価でも過小評価でもない、正しい期待をしてほしい」という願いを込め、本書を執筆したようだ。その情熱の甲斐もあり、本書はわかりやすさと冷静さを兼ね備えた良著となっている。幅広く読まれることで、日本社会に「人工知能に対する正しい期待」が醸成されることを願ってやまない。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RGUZ93VPM1LMR/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00UAAK07S)

「ちょっと新しい有効な手段が開発されると、ワーッと祭り上げられる「人工知能」。今回は「ディープ・ラーニング」の番だったw過去の騒ぎについても書かれているので、人工知能って~ 響きはカッコイイが良く分からんなぁ~チョットかじっとくかな~という方に、オススメです。高校生レベルの読解力があれば無理なく読めます。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3IFSQ7BWZX6P8/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00UAAK07S)

「断片的な記事による知識しかなかったので、今回読んで、多くを学べました。また、説明がとてもわかりやすかったです。全部が理解できたわけではないし、今後の職業への不安も消えたわけではないけれど、分解して考えることによって、不安は小さく希望を大きくして生きていける、と思いました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3ENL9A0HTVKW0/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00UAAK07S)

「この本では、なぜAIがブームになったのか、ディープラーニングはこれまでの機械学習とは何が異なり、どのようなポテンシャルがあるのかをAIを知らない人でも理解できるように例えながらわかりやすく説明されている。(本書に言わせると厳密にはAIはまだ実現されていない)AIの動作の仕組みもわかりやすく説明されているので、AIの得意分野を「感覚として」理解できるようになる。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RTB8MW13XU6LG/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00UAAK07S)

「ざっとこの分野を俯瞰するには良い本です。ただ一つ気になる点があり基本テーゼに「人工知能はできないわけがない」と前提が置かれていますが、それは筆者が計算学者であり「そう願いたい」からではないからでしょうか?」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3T7BE67NMLBBB/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00UAAK07S)

「人工知能は将来人間を超え人間を支配するのではという危惧されているがそんなことは絶対に起こらないとも伝えている。人工知能はいろいろな過去の情報やデータを蓄積しできあがるものなので(ディープランニング)人工知能が勝手に知能を持ち独自で考え、行動することはないと。人工知能を詳しく知れば知るほど便利な世の中になっていき、将来なくなっていくであろう職業、できてくるであろう職業など詳しく説明している。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3AYBNT2JLF01G/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00UAAK07S)

「今、言葉だけが独り歩きしているAIやディープラーニングを歴史的、項目的に解説してありとても楽しかったです。あまり、細部に入りこんでしまうと、先に進めないかもしれませんが、エッセンスだけを読むと今の世の中に起こっていることがよく分かります。AIが1つのブレークスルーを超えるといっきに進展していくことなどが良く分かりました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R222JUQWB01H79/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00UAAK07S)

「AIについて知りたいと思い読んでみました。 AIとはなにか、どういう仕組みなのかなど少々専門的な内容もありました。 AIによって仕事がなくなっても、それが普及することによって新たな仕事が生まれる可能性が高いという内容には納得させられました。」

引用元:読書メーター(https://bookmeter.com/books/10054958)

「後半少し難解だったイメージ。人工知能とはどういうものか概略はなんとなく掴めた気がします。」

引用元:読書メーター(https://bookmeter.com/books/10054958)

「自分が漠然とイメージしていた人工知能やディープラーニングについて、これまでの発展の歴史と現状課題、今後の展望をストーリーで教えてくれたので、掴みやすかった。 特微量表現の獲得という項目が、興味深かった。 知らない世界の事だと思ってちゃダメなんだな。 実生活に結び付く技術がもうすでにあるというのは、凄くワクワクする。」

引用元:読書メーター(https://bookmeter.com/books/10054958)

「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」のまとめ

国内の人工知能研究におけるトップ研修者の一人である松尾氏による同書は、専門的になりすぎないレベルで人工知能の全体像などについて解説されています。人工知能ができること・できないことに加え、これからどのようなことができるようになるのかを理解できる一冊。

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選