メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » G検定で求められる数学レベルとは?
  

G検定で求められる数学レベルとは?

G検定で数学レベルはどこまで求められる?

ディープラーニングについて学んでいると、「微分・積分」「線形代数」「統計学」の知識が必要になります。そのため、G検定に挑戦する場合にどの程度の数学的な知識が必要になるか不安になる人もいるかもしれません。

実際には、G検定では数学そのものの知識が問われる訳ではありません。しかし、ディープラーニングを理解し、活用する上では上記に挙げたような分野の知識が必要になってきます。そこでこの記事では、G検定を受験する上ではどのような数学の知識が求められるのかを説明します。

微分・積分

ディープラーニングを学ぶ上では、「微分・積分」の知識が必要となります。G検定で問われるレベルとしては、高校レベルの微分から、偏微分の問題まで。数題出題されるため、しっかりとおさえておきたい内容といえるでしょう。

G検定で微分・積分の知識が必要になるのは、ディープラーニングを行う上で重要な「誤差伝播法」に偏微分が利用されるためです。この誤差電波法を利用することで、より正確な情報抽出や予測が可能になります。

線形代数

「線形代数」はさまざまな分野で応用されていますが、人工知能開発の分野でも活用されています。そのため、機械学習やディープラーニングを行う上でも、線形代数の知識が必須となります。

この線形代数は、理工系大学では1年次で習うレベルのものとなっていますが、行列やベクトルに関して知識がある場合には、線形代数の基本を学ぶことはそれほど難しくはないといえるでしょう。線形代数を学ぶことにより、ディープラーニングの仕組みについてより深く理解することができます。

統計学

「統計学」とは、データ全体から一部のデータを抜き出し、その性質を調べることにより、データ全体の性質を推測するための学問であり、さまざまな場面で用いられています。

ディープラーニングの特徴の一つとして、「大量のデータ集合を分類・分析する」という点が挙げられるため、統計学に近いイメージを持つ人も多いでしょう。そのため統計学の知識を持っていれば、ディープラーニングを行う上で多くの情報の分類と分析に生かすことができ、よりディープラーニングの知識を深められます。

文系でも大丈夫?

G検定にはさまざまな数学的な知識が必要となることを説明してきました。ここまで読んで、文系出身者が不安を感じることがあるかもしれません。

より数学について勉強してきた理系出身者の方が有利という点はもちろんありますが、必要とされる数学の知識を効率的に学ぶことで十分合格を目指すことができます。インターネット上にも文系出身者の合格体験談が掲載されているので、参考にしてみると良いでしょう。

AIエンジニア向け研修を
行っている事業者を見る

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選