メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定取得対策ナレッジ » G検定によるメリット一覧

G検定によるメリット一覧

ニューラルネットワークのイメージ

G検定とは

popIn actionの公式サイトキャプチャイメージ
引用元:日本ディープラーニング協会
https://www.jdla.org/

G検定とは、ディープラーニング分野の権威である東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授を理事長とした日本ディープラーニング協会が展開しているAI人材育成のための資格です。ディープラーニングや人工知能に関する知識を保有しているかどうかの指標となります。さらに、その知識を事業に応用できるかどうかも問われる試験となっています。

ビジネスパーソンがG検定を受けるメリット

G検定取得のメリット:今後必須となるAIに関する知見を効率的に習得できる

G検定を受けることで、今後必須となるAIに関する知見を効率的に習得することができます。これも大きなメリットであり、企業や管理職としても手に入れておきたいものです。今後、人工知能やディープラーニングの知識やスキルはさまざまな分野に応用されていくことが期待されています。その前段階として知識を入れられるところに価値があります。

G検定取得のメリット:AIの知見・技術力を定量的にアピールできる

G検定を受けて資格を取得できれば、 AIの知見や技術力を定量的にアピールできることもメリットです。資格を持っていることで、客観的にAIに関する知見があることをアピールできます。そうすることで他者からの評価も受けやすくなり、今後の事業活動も行いやすくなるでしょう。

G検定取得のメリット:AI技術を持つ人脈が広がる

G検定を受けることでAI技術を持つ人脈が広がることがメリットとなります。G検定を受けようとすれば、有識者にいろいろなことを尋ねたり、講座を受講したりして同じ志を持った多くの仲間に出会うことができます。合格すると「CDLE(Community of Deep Learning Evangelists)」というコミュニティへの案内があり、コミュニケーションツールの「Slack」を利用して、AIの最新事情を手に入れたり、他の合格者とコンタクトを取ることが可能です。

AIやディープラーニングに関する知識を身につける課程で、人脈を広げられればその先の事業展開も行いやすくなっていきます。そのためのきっかけになるのがG検定の受験です。

まとめ:G検定で得られる知識は、これからのビジネスマンに欠かせない?

G検定に関しては、多くのエンジニアが挑戦する試験として知られていますが、エンジニア以外の方も受験しています。職種別の受験者を見てみると、企画やマーケティング、営業や販売、生産や製造といった職種に従事する人たちも多く受験しています。

その他の分野の方も含めて、多岐にわたる業種や職種の方が受験しているのがG検定の特徴であり、今後もその傾向は続いていくでしょう。

全体の受験者数に関しても、最初に行われた2017年の試験では1,500人弱であったのに対し、2019年の3回目の試験では6,500人強の受験者が試験を受けています。2年ほどで受験者数が4倍以上に増えていることを考慮すると、今後もますます多くの人がG検定に挑戦することが想定されるでしょう。

参照元:一般社団法人日本ディープラーニング協会 https://www.jdla.org/news/detail/20190716001/

ディープラーニング資格
G検定のおすすめ講座3選

講座と問題集

ダブルで学べる
G検定資格取得講座

本で理解しきれない点を動画講習でカバーでき、多くの練習問題が用意されているG検定対策講座から
お得に受講できる事業者を比べてみました(価格はすべて2020年6月調査時点)。

AVILEN

受講料

19,000

合格保証

全額保証

演習問題

363

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点

AI研究所

受講料

48,000

合格保証

-

演習問題

100

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点

資格スクエア

受講料

60,000

合格保証

-

演習問題

200

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点