メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » ディープラーニングの開発企業
  

ディープラーニングの開発企業

ディープラーニングのエンジニアのイメージ

ディープラーニングを用いたビジネスや、プラットフォームを開発している企業など、ディープラーニングの開発を手掛ける企業が増えています。ディープラーニングの機械学習アルゴリズムによって、様々な課題解決をするソリューションを提供しています。ここでは近年業界を牽引している企業をピックアップして紹介しています。

ニュースで見るディープラーニングの開発企業

ディープラーニングの開発企業は年々増加しており、身近なニュースも話題になっています。ディープラーニングの開発に関するニュースについて取り上げます。

外観検査システムがシェアを拡げる
「Preferred Networks」

Preferred Networks(プリファードネットワークス)の公式サイトキャプチャイメージ
引用元:Preferred Networks
https://preferred.jp/ja/

Preferred Networksが手掛けている「Preferred Networks Visual Inspection(PVI)」がシェアを徐々に拡大しています。PVIは外観検査システムとして開発されており、製品の不良などがないかどうかを含めた異常を検知することができるシステムです。

製造業を中心とした生産現場で重宝されており、これまで人が行ってきた作業を機械に任せることができるようになっています。今後もますますシェアを拡大していくことが予想されています。

参照元:日経BP https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/rob/18/00003/110600045/

スマホ、IoTに組み込むディープラーニングを独自開発
「ディープインサイト」

ディープインサイトの公式サイトキャプチャイメージ
引用元:ディープインサイト株式会社
https://www.deepinsight.co.jp/

ディープインサイト株式会社では、スマホやIoTに組み込むディープラーニングを独自開発しました。「ディープインサイト」と呼ばれるサービスで、IoTとディープラーニングを結びつけることに成功しています。

この開発によって、収集したデータの漏洩に対するセキュリティや学習分析の速度が向上し、安定した性能のAIを活用したIoT端末の開発が可能となるなど、IoT分野におけるディープラーニングの活用が一層加速していくことが見込まれます。

参照元:PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000021784.html

「日本ディープラーニング協会」認定研修を持つ開発企業
「AVILEN」

AVILENの公式サイトキャプチャイメージ
引用元:AVILEN(アヴィレン)
https://avilen.co.jp/

「日本ディープラーニング協会」認定研修を持つ開発企業「AVILEN」。丸紅株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社、北村化学産業をはじめ、数多くの企業との取引・提携実績があるのみならず、GMOインターネット株式会社とは協業を結び、AI技術のビジネス利用を促進するためのセミナーや交流イベントの共同開催を行うまでに至っています。

AVILENでは日本国内における「AI開発」「AI人材の育成」を両輪に置き、セミナーや技術交流イベントを開催するなど、AIやディープラーニングにおけるビジネスの底上げを目指しています。

参照元:PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000043360.html

分野別ディープラーニングの開発企業

画像認識

ディープラーニングによる画像認識はまだまだ歴史が浅く、今後ますます開発会社が増えていくことが予想されます。その中で革新的なサービスを提供する企業が登場し、一般消費者がメリットを享受できるような仕組みが整っていくことでしょう。

画像認識の開発会社は日々質の高いサービス提供に向けた努力を行っており、今後も人に変わって精度の高い作業を行ってくれるサービスの登場が期待されます。

自然言語処理

AVILENやAI Infinityなどを中心に、自然言語処理を活用した開発会社が増加しています。自然言語処理の性能を高めていくことによって、これまで人間が担ってきた仕事や作業を機械に任せることができるようになります。自然言語処理の開発会社には、今後ともビジネスに役立つシステムの構築が期待されています。

レコメンデーション

ユーザーの趣味嗜好を分析・解析し、それぞれの需要にあった情報や商品を提供するサービスの事を「レコメンデーション」といいます。このレコメンデーションにもディープラーニングは既に用いられ、ネット上などでは既に実用化されています。具体的には、ネット上での閲覧履歴や検索履歴から利用者の目的に応じた検索候補を表示させたり、ユーザーの好みに合うWeb広告を表示させるサービスなどが挙げられます。

AIエンジニア人材育成支援

AIエンジニアの育成に関しては、今後ますます需要が拡大していくと想定されています。それに伴って、育成事業を行う企業や団体も増えていくでしょう。AIの分野は今後の私たちの生活やビジネスにおいて欠かせないものであり、人間の行動をサポートしてくれる機能として注目を集めています。

さまざまなAIエンジニアの育成事業者がありますが、その中で最適だと思える事業者にスキルアップを依頼することがポイントです。

AIスキルを見える化するディープラーニングの資格

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧
E資格対策業者3選 G検定対策業者3選