メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » ディープラーニングの開発企業 » AI自然言語処理の技術開発会社まとめ
  

AI自然言語処理の技術開発会社まとめ

ディープラーニングのエンジニアのイメージ

ディープラーニングにおける自然言語処理とは、文字データや会話データから読み取れる内容を機械が抽出してくれるものです。機械学習を行ったコンピューターが辞書のような働きをして、人間が書いた文字や会話をまとめ、必要な形でアウトプットを行ってくれます。近年、ディープラーニングの機械学習アルゴリズムによって、様々な課題解決をするソリューションを提供しています。ここでは近年業界を牽引している企業をピックアップして紹介しています。

自然言語処理AIの受託開発企業例

自然言語処理AIの受託開発企業例について取り上げていきます。自然言語処理を上手く活用することで、人間のサポートにつなげることができます。業務効率化や生産性向上という点でも魅力的な分野と言えます。

AI自然言語処理を中核としたリーディングカンパニー
「AI Infinity」

AI Infinity(エーアイインフィニティ)の公式サイトキャプチャイメージ
引用元:AI Infinity(エーアイインフィニティ)
https://aii.cloud/

「AI Infinity」ではAI自然言語処理を活用して、顧客対応や会計処理といった分野で人のサポートをするシステムを開発しています。コールセンターなどで活用可能であり、顧客対応を通して取得した音声データを活用して議事録を作成したり、営業日報を作成したりすることができます。

また、会計処理に関しても音声データをもとにして行うことができます。出張などで利用したホテルや交通費といった経費精算をリアルタイムで行うシステムとして活用事例も増えています。

マーケティングデータ分析や
業務効率化システムに活用する自然言語処理「AVILEN」

AVILEN(アヴィレン)の公式サイトキャプチャイメージ
引用元:AVILEN(アヴィレン)
https://avilen.co.jp/

「AVILEN」も自然言語処理AIの受託開発企業として名を馳せています。このAIはバックオフィスやマーケティングの分野で活用することができます。例えば、マーケティングの分野では、ニュースやSNSといった膨大なデータを抽出して、成約率の高い企業を選定する際に有効なヒントを提示してくれます。

また、バックオフィス部門では文書データの整理や重要文の自動ハイライトといった機能を活用することができます。社内に溜まっている膨大な文書データを整理して、体系的にまとめてくれるところに魅力があります。

大手銀行でも導入しているチャットボットを開発
「Automagi」

Automagiの公式サイトキャプチャイメージ
引用元:Automagi
https://www.automagi.jp/

「Automagi」もAI自然言語処理を活用したシステムとして人気があります。大手銀行でも導入されており、ヘルプデスクとしての活用がメインとなっています。24時間365日自動で機械が顧客対応してくれるところに魅力があるサービスで、これまで人が担ってきた顧客対応を機械に任せることができるようになりました。

同時に顧客データの収集や活用を行うこともできるので、より最適なサービスの提案などにつなげることもできます。

ディープラーニングの開発企業まとめ

AIスキルを見える化するディープラーニングの資格

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選