メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » ディープラーニングの開発企業 » AIエンジニアの育成事業者まとめ

AIエンジニアの育成事業者まとめ

ディープラーニングのエンジニアのイメージ

AIエンジニア育成の指標となる「E資格」

AIエンジニア育成の指標となるのが「E資格」であり、「E資格」を取得することによって、AIを扱うエンジニアとしての立場も確保しやすくなります。独学で学ぶこともできますが、企業が開催するプログラムや研修に参加することも1つの選択肢です。個人や組織としてのスキルアップを目指すことも有効です。

ディープラーニング
E資格のおすすめ講座3選

AIエンジニアの育成事業を行う企業例

それでは、AIエンジニアの育成事業を行う企業について取り上げていきます。最先端の技術やスキルを持った指導員がわかりやすく教えてくれる企業ばかりです。AIエンジニアを目指す上で、受講しておきたいプログラムや研修が多くなっています。

レベル・目的に合わせた3つのコース
「AVILEN」

AVILEN(アヴィレン)の公式サイトキャプチャイメージ
引用元:AVILEN(アヴィレン)
https://avilen.co.jp/

「AVILEN」では、初めてAI開発に携わる初心者向けのデータサイエンス入門講座、即プロジェクトの開発を担えるようなAIエンジニアを育成する実践講座、プロジェクトを主体的にリードしていけるエンジニアを育成する発展講座、レベル・目的に合わせた3つのコースを提供しています。また、プログラムはオンラインでも対面でも可能。AIの基本的な知識の習得はもちろんのこと、データサイエンティスト育成講座も開催。ビジネスに応用するためのスキルやノウハウを提供しています。「E資格」の合格率は業界屈指の94.4%(2020年4月時点・公式サイトより)。

会社に合わせたカリキュラムを作成
「スキルアップAI」

スキルアップAiの公式サイトキャプチャイメージ
引用元:スキルアップAi
https://www.skillupai.com/private-training/

「スキルアップAI」もAIエンジニアを育成したい企業や個人にとっておすすめのプログラムです。「スキルアップAI」の特徴は会社に合わせたカリキュラムを作成してくれるところにあります。

画一的な内容を教えるのではなく、それぞれの会社のニーズやAIに対する知識レベルなどを総合的に勘案した中で、最適なプランを提示してくれます。オリジナリティが強い研修で人材を育成したいと考えている企業には最適です。

ゲーム感覚でできるAIエンジニアのスキルアップ
「SIGNATE Quest」

SIGNATE Quest(シグネイトクエスト)の公式サイトキャプチャイメージ
引用元:SIGNATE Quest(シグネイトクエスト)
https://biz.quest.signate.jp/

「SIGNATE Quest」でもAIエンジニアの育成に力を入れています。「SIGNATE Quest」のプログラムの特徴としては、ゲーム感覚でできるところが挙げられます。AIやディープラーニングといった分野に精通している方であれば問題ありませんが、そうでない方は初期の段階でつまづいてしまうことがあります。

そうした方にもAIの知識を自然に取り込みやすくできるように、ゲーム性を大切にしており、楽しみながら知識やスキルを習得できる内容となっています。ゲーム感覚とは言え、実践でも使えるようなスキルや知識が身につくので、ビジネスパーソンとしての成長にも期待できます。

講座と問題集

ダブルで学べる
G検定資格取得講座

本で理解しきれない点を動画講習でカバーでき、多くの練習問題が用意されているG検定対策講座から
お得に受講できる事業者を比べてみました(価格はすべて2020年6月調査時点)。

AVILEN

受講料

19,000

合格保証

全額保証

演習問題

363

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点

AI研究所

受講料

48,000

合格保証

-

演習問題

100

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点

資格スクエア

受講料

60,000

合格保証

-

演習問題

200

公式サイトへ

※税別価格、価格は2020年6月調査時点