メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » AIエンジニア向け研修を行っている事業者 » インソース
  

インソース

インソースの公式サイトキャプチャイメージ
引用元:インソース公式HP
https://www.insource.co.jp/index.html

インソースの研修・講座の内容まとめ

ビジネス活用のためのAI・人工知能研修

講座名 ビジネス活用のためのAI・人工知能研修
価格 要見積もり
学習時間 半日間×2回

「そもそもAIとは何なのか?」をわかりやすく学べるオンライン講座です。身近にあるAI活用事例や費用対効果、ビジネスへどのように応用することが出来るのかなどを気軽に学ぶことが可能です。「AIは理解するのが難しいのではないか」「AI導入には多額の費用がかかりそう」などと感じている方におすすめの講座です。

AI開発基礎研修~Pythonで機械学習・ディープラーニングを開発する編

講座名 AI開発基礎研修~Pythonで機械学習・ディープラーニングを開発する編
価格 要見積もり
学習時間 (5日間)

AIが機能する仕組みや開発の具体的な流れ、AIの評価方法について学習できる研修です。機械学習やディープラーニングのアルゴリズム、およびAI開発で一般的に利用されるプログラミング言語「Python」を用いて、日本語の文章生成や手書き文字の認識、数値予測のために必要となる基本的な考え方、プログラミングなどの習得を目指します。

ディープラーニング資格
G検定のおすすめ講座3選

ディープラーニング
E資格のおすすめ講座3選

講座や研修の特徴・強みは?

インソースの提供する講座は、実に幅広い分野を網羅している点が大きな特徴です。ビジネスを加速するための講座はもちろん、マナーや言葉遣いなどを学べる講座もあり、多くの人が活用できる内容となっています。

またティープラーニングはもちろん公開講座も多数展開しているため、人と一緒に楽しく学習したい人に向けた講座が充実している点も魅力です。

インソースの講座の監修者

公式HP内で講座監修者の情報を見つけられませんでした。

インソースの講座の導入実績

導入社数 記載なし
受講人数 記載なし

インソースの受講者の声

新たな気づきがあった

今までは、「マナー=業務を早く終わらせるための手段」と思っていましたが、このセミナーを通して「マナー=人とコミュニケーションをするためのツール」ということを気づかせて頂きました。ありがとうございました。

口コミ引用元:インソース公式HP(https://www.insource.co.jp/bup/bup_voice_bup_bissinessmanar.html)

勉強になりました

今まで職人の世界にいて拝見できなかった、普通の働いている方の立ち振る舞いが拝見できたので勉強になりました。「マナー」「社会人」「身だしなみ」どれも、はっきりとした定義を持っていなかった為、今回、それを知る事で基準が出来て良かったです。

口コミ引用元:インソース公式HP(https://www.insource.co.jp/bup/bup_voice_bup_bissinessmanar.html)

気楽に参加できました

少人数での研修だったので楽しく、気楽に参加させて頂きました。グループワークや実践も頭での理解とは違い、難しさも感じいろいろな経験をつんでかなりいけないなあと思いました。ありがとうございました。

口コミ引用元:インソース公式HP(https://www.insource.co.jp/bup/bup_voice_bup_bissinessmanar.html)

今後の業務に生かしていきたい

全体的に自分のものにして、これからの日々の業務に活かしていきたいと思った。また、自分の弱いと思っている言葉使い、敬語・電話応対・来客応対など、福祉の仕事の一番重要な<対人間>に関して、復習したり、失敗を恐れず、何度も練習したりして自分の力にしていきたいと思う。

口コミ引用元:インソース公式HP(https://www.insource.co.jp/bup/bup_voice_bup_bissinessmanar.html)

インソースはどんな企業?

インソースは、講師派遣型研修事業や、公開講座事業など、さまざまな講座事業を展開している企業です。eラーニングや動画、映像制作なども行っており、オンラインでの講座も数多く提供しています。

インソースの企業情報

会社名 株式会社インソース
所在地 所在地:東京都荒川区西日暮里4-19-12インソース道灌山ビル

AIエンジニア向け研修を
行っている
事業者一覧はこちら

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選