メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » AIエンジニア向け研修を行っている事業者 » zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)

Zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の公式サイトキャプチャイメージ
引用元:zero to one(ゼロトゥワン)
https://zero2one.jp/

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の研修・講座の内容まとめ

【E資格】JDLA「E資格」向け認定プログラム

コース名 ディープラニング/機械学習/E資格パッケージ
価格 サポートなし:100,000円(税別)、サポートあり:150,000円(税別)※ユーザー数に応じてID課金
目安学習時間 60〜100時間程度

ディープラーニングの基礎から応用までを学べるオンライン完結型の講座です。学習内容はニューラルネットワーク、CNN、RNNを含めた5ステップ。自動採点つきのPythonでのコーディング演習などもできる、実践的な内容となっています。この講座と下記で紹介する機械学習コースの両方を修了すると、E資格の受験資格を得ることができます。

ディープラーニング
E資格のおすすめ講座3選

【G検定】人工知能基礎

コース名 人工知能基礎
価格 25,000円(税別)/60日コース
目安学習時間 5~7時間程度

G検定の出題範囲をカバーした内容で、受験対策にも活用できるコースです。人口知能の歴史や、機械学習・ディープラーニングの概要など、基礎部分を網羅的に学べます。こちらもオンラインで完結します。

ディープラーニング資格
G検定のおすすめ講座3選

機械学習

コース名 機械学習
価格 60,000円(税別)※ユーザー数に応じてID課金
目安学習時間 30〜50時間程度

機械学習の概要を8ステップにわたり学習できる、オンライン完結型講座です。コードを書くことで体験しながら学習をすすめられるため、実務で使用する際の基礎作りとして最適なコースとなっています。

講座や研修の特徴・強みは?

zero to oneでは法人契約の場合に、人数によってボリュームディスカウントが適用されることがあります。また、社内や部内での受講生の進捗を管理するシステムを搭載しているため、管理がラクにできる点もメリットといえるでしょう。

AIエンジニア向け研修を
行っている事業者を見る

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)はどんな企業?

個人や法人向けの教育や研修以外にも、電子教育サービス業務、ITの活用やソフトウェア開発に関する教育・研修を行っています。2019年にはフリーランス向けのプラットフォームであるランサーズと、AIエンジニアの育成、提供に向けた事業で提携するなど、支援事業にも着手しています。

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の企業情報

会社名 株式会社zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)
所在地 本社/宮城県仙台市若林区卸町2-9-1INTILAQ東北イノベーションセンター内
東京オフィス/東京都港区六本木7-14-23 クロスオフィス六本木
価格(税別)&合格率で選ぶ

E資格認定講座3選

E資格認定講座を提供している講座を調査した中でも、合格率を公表している/していた認定講座を提供する事業者はこの3社です。そして、その3社の各講座の最低受講料(2020年9月15日調査時点)も併せてまとめました。

AVILEN

受講料

136,000円~

合格率

94.4%

公式サイトへ

           

※価格はオンライン受講の場合/合格率は2020年2月試験のデータ、価格は2020年9月15日調査時点

AIジョブカレ

受講料

139,800円~

合格率

74.4%

公式サイトへ

           

※価格はオンライン受講の場合/2019年2月試験の合格率は74.4%、価格は2020年9月15日調査時点

SkillUp AI

受講料

279,000円~

合格率

81.0%

公式サイトへ

           

※価格はオンライン受講の場合/2019年8月試験の合格率は81.0%、価格は2020年9月15日調査時点