メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » AIエンジニア向け研修を行っている事業者 » zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)
  

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の公式サイトキャプチャイメージ
引用元:zero to one(ゼロトゥワン)
https://zero2one.jp/

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の研修・講座の内容まとめ

JDLA「E資格」向け認定プログラム

コース名 JDLA「E資格」向け認定プログラム
価格 165,000円(税込)
※ユーザー数に応じてID課金
目安学習時間 60〜100時間程度

ディープラーニングの基礎から応用までを学べるオンライン完結型の講座です。学習内容は機械学習からディープラーニングの基礎知識の理解、AI分野の新しい情報や技術に関する基礎知識の理解もできます。

ヒントや自動採点つきで、PythonやTensorflow/Pytorchでのコーディング演習などもできる、実践的な内容となっています。この講座を修了すると、E資格の受験資格を得ることができます。

ディープラーニング
E資格のおすすめ講座3選

JDLA「G検定」向け対策プログラム

コース名 人工知能基礎&G検定実践問題集
価格 8,800円(税込)/60日コース
目安学習時間 5~7時間程度(人工知能基礎)
10~20時間程度(G検定実践トレーニング)

JDLA理事長である松尾豊氏(東京大学大学院教授)監修の人工知能基礎教材。

G検定の出題範囲をカバーした内容で、約1,000問のオンライン練習問題も収録。受験対策に活用できるコースです。人口知能の歴史や、機械学習・ディープラーニングの概要、活用事例など、基礎部分を網羅的に学べます。こちらもオンラインで完結します。

ディープラーニング資格
G検定のおすすめ講座3選

講座や研修の特徴・強みは?

zero to oneでは法人契約の場合に、人数によってボリュームディスカウントが適用されることがあります。また、社内や部内での受講生の進捗を管理するシステムを搭載しているため、社内・部署内のメンバーの進捗管理がラクにできる点もメリットといえるでしょう。

さらに「JDLA「E資格」向け認定プログラム」「機械学習」「自動運転システム構築完全講座」は、経済産業省「第四次産業革命スキル習得講座」の認定も受けており、個人受講の場合は、厚生労働省の「専門実践教育訓練給付」を用いて最大7割の補助を受けることも可能です。

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の講座の監修者

松尾 豊

東京大学大学院 工学系研究科 教授

東京大学大学院工学系研究科教授。東京大学工学部電子情報工学科卒業。同大学院博士課程修了。博士(工学)。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析、ディープラーニング。

岡谷 貴之

東北大学大学院 情報科学研究科 教授

東北大学大学院情報科学研究科教授、理化学研究所革新知能統合研究センターチームリーダー。東京大学工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻博士課程修了。

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の講座の導入実績

導入社数 400社
受講人数 10,000名以上

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の受講者の声

演習問題で習熟度が上がった

内容がわかりやすく説明されて、また、演習で実際に行うことで実感として体感することができた。 マネジメントの立場でもテクノロジーの理解は重要であり、大変よい勉強の機会となりました。

口コミ引用元:zero to one公式HP(https://zero2one.jp/jdla-e-shikaku/)

通常の参考書では学べない深い内容が学べました

とても力がつきました。例えばLeNetなど有名なネットワークについての説明は通常の参考書でもさらっとしか触れられないため、このコースが大変わかりやすい上に知識が増えとても感謝しております。ありがとうございました。

口コミ引用元:zero to one公式HP(https://zero2one.jp/jdla-e-shikaku/)

【インタビュー】第1回試験から提供するzero to oneのE資格認定プログラムが人気の秘密を聞く

ディープラーニングを実装するスキルを証明するAI資格の一つである「E資格」。そのE資格を受験するには、「一般社団法人日本ディープラーニング協会」(JDLA)の実施する認定プログラムの受講が要件となっている。

E資格の取得を考える際に最初に悩むこととして、どの認定プログラムを受講するか選ぶことがある。そんな方の参考になればと、「E資格」試験の開始当初から認定プログラムを提供している株式会社zero to oneの代表取締役である竹川氏にお話を伺った。

Q:本日はインタビューありがとうございます。

A:こちらこそありがとうございます。当社の認定プログラムは法人向けの提供が多く、これまでその特徴について広く語る機会が少なかったため、このような機会をいただき感謝しております。

インタビュー回答者:竹川 隆司 株式会社zero to one代表取締役CEO

竹川 隆司 株式会社zero to one代表取締役CEO

野村證券にて国内、海外(ロンドン)勤務等を経て、2011年より米国ニューヨークにてAsahi Net International, Inc.を設立。同社代表取締役として、高等教育機関向け教育支援システム事業のグローバル化を推進。2016年仙台市にzero to oneを創業、AIなど高度IT分野の人材育成をオンライン中心に推進中。東北大学特任准教授(客員)、日本ディープラーニング協会人材育成委員、一般社団法人AIビジネス推進コンソーシアム理事などを務める。2006年ハーバード大経営学修士(MBA)。

Q:まず、最初に「zero to one」がどういった企業なのか教えていただけますか?

A:私たちは「社会とともにイキイキと生き続ける力を引き出す」をミッションに掲げ、2016年に宮城県仙台市に創業したスタートアップです。創業以来、一貫して教育を本業として取り組んできました。
私も共同創業者である瀬谷も「教育」事業の専門家であり、グローバルでの教授法に関する知識や情報、ネットワークがあります。例えば、私自身は2011年から3年間ほど米国のEdTech最前線にいましたので、ちょうどMOOCが急速に広がり始めたタイミングとも重なり、グローバルな教育市場のダイナミズムの真っ只中で教育ビジネスを続けてきました。瀬谷も外資系企業でのキャリアが長く、常にグローバルな教育に触れてきたばかりでなく、主に社会人向けの教授法や学習の構築法などの研究の末、システム・デザイン分野で博士号を取得、世界の高等教育やテクノロジー教育の学会にも毎年のように参加しており、トレンドも肌で感じています。
社会に必要とされる人材を輩出し続けていくために、最適な教授法や教授システムを追求した結果が、今の「完全オンライン教材」の提供にも繋がっています。

Q:御社はE資格の認定プログラムとして最初の3社の中の1社として登録されています。かなり早い段階からE資格の資格の認定プログラムを提供していますが、どのような経緯でE資格の認定プログラムに参加することになったのでしょうか?

A:日本の産業が世界で戦っていくためには、日本にはAI人材が数十万人単位で必要となると政府の発表でも言われていますし、グローバルな現場で働いてきた経験から肌で実感していました。
しかし、実際にAI人材を数十人数百人ではなく、数十万人単位で輩出していくためには、スケーラブルかつ効果的に教育を行う仕組みが必要になります。そのためには完全オンラインでの教材開発は不可欠であると考えていましたし、オンラインでもモチベーション高く学習を続けていただくために、「資格」というモチベーションが最も効果的であるという思いが、E資格の誕生前からずっとありました。
しかも、日本でやるのであれば、特定のベンダーや産業と結びついたものではなく、ある程度社会全体に「認められた」資格である必要があろう、と常々共同創業者の瀬谷と話していました。

Q:E資格の開始前から”資格”の必要性を感じていたのですね。

A:海外では、民間企業のものであっても質の高いオンライン教材を受講・修了したことは、次のキャリアにもつながる履歴として採用や転職に活かされることも多いのです。一方で、日本では第三者機関による”お墨付き”のほうが重視される傾向にあります。

このような考えを持っていた時に、日本の複数の企業や大学の有識者によって日本ディープラーニング協会(JDLA)が立ち上がることになったのです。中立的で一定の難易度以上であるE資格は、まさに当社がかねてより意識していた仕組みでもあると感じたため、前々から既に「機械学習」など一部教材は開発・提供を行っていたこともあり、いち早く必要な追加を行った上でE資格のための認定を受けることにしたのです。

Q:御社の認定プログラムについて教えてください。どのような特徴がありますか?

A:まず、何と言っても学習成果を左右するコンテンツの”質”には、非常にこだわって開発しています。

E資格の認定プログラムの内容は、それぞれの領域での第一人者である有識者(東京大学大学院松尾豊教授、東北大学大学院岡谷貴之教授)に教材開発の初期段階から監修してもらっているのが特徴です。

認定プログラムのシラバスを作成する段階から、できあがったコンテンツをレビューし、スライド一枚から原稿に至るまで、細やかな監修をしてもらい、コンテンツの網羅性と内容の正確性を担保しています。

また、AIの世界は変化が激しいため、毎月教授陣との定例ミーティングを通じて、常々マイナー・メジャーなアップデートをしています。最新の情報や知識を持っている教授陣に継続して監修を頂いていることは安心感があります。

Q:認定プログラムの提供方法についても教えてください。

A:当社の認定プログラムは、提供開始当初より、ビデオ講座もプログラミング演習もオンデマンドでブラウザだけで完結する「非同期型の完全オンライン教材」であることも大きな特徴となっています。

オンライン教材といっても大きく2つのタイプがあります。

1つは、指定された時間帯に開催されるズーム型の講義や指定された時間帯に聞き逃した講義を録画したものを後で視聴するタイプのオンライン教材です(いわゆる「同期型」)。このタイプのオンライン教材は、本質的に、指定した時間に受講者が講義を受けることを前提として教材が設計されています。その場に居合わせた受講者に合わせることができるというメリットがある一方、その場に参加できなかった受講者は、プライベートなサポートが提供されない限り、講義の録画を視聴するだけになってしまいます。

もう1つは、講義もプログラミングの演習も事前にセットされ、リアルタイム性がない一方で受講生が受けたい時にいつでもオンデマンドで学ぶことができるタイプです(いわゆる「非同期型」)。

当社のオンライン教材も、この非同期型のタイプとなります。

Q:非同期型の教材だと学習の成果が出にくいのではないでしょうか?

A:向き不向きは一定程度あるものの、基本的には受講生の頑張り次第で、むしろ同期型やリアル教材よりも高い効果が出せるのが、非同期型教材であると考えています。非同期型のオンライン教材であっても高い学習成果が出なければ意味がありません。

当社の認定プログラムでは、インタラクションデザインの理論に基づき、高い学習効果がでるように、適切なタイミングでクイズや演習を入れるなど、システマチックな設計が施されています。

Q:もう少し詳しく教えてください。

A:例えば、クラウド演習ではプログラミングの課題毎に自動採点ができますので、学習を進めながらすぐに成果の確認をすることが可能になっています。また、これまで認定プログラムの提供以来6年以上にわたってご質問いただいてきた内容を参考に、課題毎に1〜3段階のヒントを確認することができる機能も備わっています。

このヒント機能についても、一度ヒントを見ずに課題に取り組まない限り確認をすることができないようになっています。これまでの経験から、最初からヒントを見てしまうと学習効果が低減してしまうことがわかったためです。またヒントのレベルを3段階用意しているのも、「教えすぎない」ためで、自分にあったレベルのヒントを参照していただくことで学習効果を高めるのに役に立ちます。

このヒント機能と自動採点機能を活用していただき、自主学習を促進しています。もちろん、それでも分からない場合は、「サポート」より問い合わせていただくことも可能です。(※サポートつきパックの場合)

Q:色々と工夫されているのですね

A: 自社開発のLMS(ラーニング・マネジメント・システム)を採用しており、自社開発だからこそ、非同期型学習でも高い効果を出すための様々な機能を実装することができているのだと思います。

対面講座がないにもかかわらず、E資格合格の結果を出し続けているのは、当社のオンライン教材がこうしたインタラクションデザインの知見に基づき、しっかりと成果が出るよう設計されているからであると自負しています。

Q:学習時間はどれくらいですか?

A:受講生の総学習時間は、平均的には60時間~100時間、多い方は200時間程度と個人により差があります。ただ、ビデオ講座の視聴(約30時間分)は修了要件には加えておらず、知識や経験に応じて自由に学習に活用していただいています。中には、クラウド演習だけで修了要件を満たして試験に臨む人もいます。

Q:コースの受講生はどのような人が多いですか?

A:元々は基本10名以上の法人契約に限定していたこともあり、これまでは野村ホールディングス様、伊藤忠テクノソリューションズ様、NEC様、日立製作所様など上場企業様での利用が多いです。クーポンコードを利用した一括購入の仕組みや、同時に受講しているメンバーの進捗を一覧できる「管理」機能等の特徴が、法人のニーズに向いているからだと考えています。また、お客様のニーズに応じて「管理」内容をCSVでダウンロードできる機能を付加したり、聴覚障がい者の方々でも受講できるように全てのビデオ講座に字幕をつけたりと、システムも自社開発だからこそできる改善も、常に重ねています。

最近では、仙台市や高知県の委託を受けて、地方でのAI人材育成プロジェクトも推進しており、地方の中小企業での利用も増えている他、都心・地方にかかわらず、例えば所属エンジニアが数人〜10人程度ですがこれからDXの受託案件を強化しようというシステム開発会社の受講も広がっています。

Q:なるほど。企業のお客様に支持されてきたのですね。個人の受講生はいないのでしょうか?

A:日本でのDXの広がりとも相まって、2020年以降は個人や数名での法人受講も可能にしています。特に弊コースが2020年10月に厚労省の教育訓練給付制度の対象となって以来、個人での受講者も増え続けています。プログラムは厚労省の教育訓練給付制度の対象になりますので、所定の条件を満たす方は、E資格向けのプログラムなら最終的に45,000円で受けることができます。

Q:毎年講座の内容や機能をアップグレードしているとのことですが、直近アップグレードについて教えてください。

A:細かい修正や追加は毎月のように行っていますが、大きなアップグレードで言いますと、「機械学習」に昨年から「確率的モデリング」と「決定木」のステップを追加した他、今年は「ディープラーニング」に「深層学習の応用」のステップを追加しています。例えば、「機械学習」の場合は、「確率的モデリング」と「決定木」はE資格のシラバスには基本含まれてはいないのですが、監修である岡谷先生とも相談する中で、「機械学習エンジニアであればここまでは知っておくべきだろう」というテーマであるとの認識の上、弊社独自に追加しています(そのため「オプショナル」になっています)。

また、E資格の2022#2より、Pytorch、Tensorflowの選択式演習がシラバスに加わったため、弊社では両方に対応して、受講生ごとに選べるようにクラウド演習部分のバージョンアップも行っています。

Q:本日はインタビューに応じていただきありがとうございました。E資格を受験しようと考えている方へ何かメッセージはありますか?

A:米国大手通信会社AT&TのRandell Stephenson会長は、GoogleやAppleなどとの業界の垣根を越えた競争を見据えて、社員向けにこんなメッセージを発しています。

”There is a need to retool yourself, and you should not expect to stop. People who do not spend five to 10 hours a week in online learning will obsolete themselves with the technology.”

「週に5〜10時間オンラインで学習しないと、テクノロジーの進歩についていけなくなる」という個人個人の意識向上を訴えている強烈なメッセージですが、私がより重要だと感じている点は、このメッセージが既に5年上前、2016年の時点で発せられている、という点です。日本でも最近でこそ、「リスキリング」という言葉が広がるなど、社会人の継続学習に対する意識が向上してきているように感じますが、同じ日本人の一人として、グローバルに見るともっともっと頑張らねばならないと感じずにはいられません。

E資格を1つのスタートに、「retool yourself」を続けていただく、そのための様々な手段と場を、私たちは提供し続けたいと思っています。それこそが、「社会とともにイキイキと生き続ける力を引き出す」につながると信じて。

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)はどんな企業?

個人や法人向けの教育や研修以外にも、東京大学や東北大学など高等教育機関への導入や仙台市、高知県など地方行政による活用など、幅広く教育・研修を行っています。また、公益社団法人自動車技術会主催の「自動運転AIチャレンジ」や理系ナビ運営による大学生向けプログラムにオンライン環境や教材提供を行うなど、支援事業にも着手しています。

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)の企業情報

会社名 株式会社zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)
所在地 本社/宮城県仙台市若林区卸町2-9-1INTILAQ東北イノベーションセンター
東京オフィス/東京都港区六本木7-14-23 クロスオフィス六本木

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選