メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » ディープラーニングでできること・活用例 » 自動運転とは
  

自動運転とは

ニューラルネットワークのイメージ

自動運転のしくみ

自動運転に関しては、認知や判断、操作といった課程においてその役割が発揮されることになります。ドライバーに代わって、周囲の状況を確認しつつ最適な速度で走行したり、停車してくれたりするのが自動運転のしくみです。ドライバーの補助的な役割をしてくれると考えることもできます。

自動運転におけるディープラーニングの役割

自動運転におけるディープラーニングの役割としては、周囲の状況を的確に割り出すところにあります。AIを活用して画像に映し出されているのが人間なのか標識なのか、それともその他の物体なのかを判断し、走行や停止の判断をしてくれます。ディープラーニングは自動車の走行において適切な判断を下すための役割を果たすことが特徴です。

ディープラーニング技術による自動運転に関するニュース

ディープラーニング技術を活用した自動運転に関するニュースが入ってきています。さまざまな事例をもとに、ディープラーニングの魅力を理解していきましょう。

埼玉工大開発の自動運転バスが公道を走行

自動運転に関するニュースとして、埼玉工大が開発中の自動運転バスが公道を走行することに成功したニュースが挙げられます。自動運転AIと呼ばれる技術を駆使して、バス専用レーンのみならず一般行動を走行し、問題がないことが確認されました。

今後、埼玉工大ではさらに開発を進めて、公道を走るバスとしての活用を目指しています。

参照元:PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000021794.html

自動運転のディープラーニング技術を学ぶ研修が開講

人工知能やビッグデータ分析に強みを持つベンチャー企業のユーザーローカルは、アイデミーとの協業で自動運転のディープラーニング技術を学ぶプログラミング研修を開講すると発表しました。

研修では自動運転の基礎となるディープラーニング技術や画像認識プログラム、センサーを活用した機械制御の機能などを学ぶことができます。

今後ますます活用が期待されるディープラーニングの分野において、自動運転に応用するためのスキルを一から学ぶことができる内容となっています。

参照元:レスポンス https://response.jp/article/2019/03/07/319856.html

自動運転技術を組み込んだRCカー

ディープラーニング技術を活用した自動運転に関するニュースとして、自動運転技術を組み込んだRCカーの開発事例も挙げることができます。RCカーとは無線操縦カーのことであり、自動車に超小型の

コンピューターを搭載して自動運転につなげるというものです。

実際にミニチュアの自動車で活用されており、アメリカを中心に広まりつつあります。ミニチュアの愛好家たちの間では、自動運転によるレース大会も開催されるなど、自動運転に対する理解が次第に広がっている様子もうかがえます。

参照元:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXKZO47974690Q9A730C1XY0000/

ディープラーニングでできること・活用例を見る

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選