メニューボタン
DLCP~ディープラーニング資格プラットフォーム~ » G検定とは » ディープラーニングG検定公式テキスト
  

ディープラーニングG検定公式テキスト

参考書の概要

著者紹介

同書の著書の一人である瀬谷啓介氏は、(株)Double Bind代表取締役。Red Had認定エンジニア(RHCE)、理論物理学学士、物性物理学修士ほかさまざまな資格を持つ人物です。また、巣籠悠輔氏は東京大学工学部システム創成学科卒業、同大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻修士課程修了、2013年株式会社電通入社。機械学習をはじめ、ウェブ開発やデザインを手がけています。

「ディープラーニングG検定公式テキスト」の内容

G検定の運営団体である、日本ディープラーニング協会が執筆している公式テキスト。最新のシラバスである「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018」に準拠した内容となっており、ディープラーニングについて学ぶことができる一冊となっています。G検定を受験しようと考えている人はもちろん、ディープラーニングについて学びたい・事業に活用したいと考えている人など、幅広い人のニーズに対応している内容です。各章末には練習問題も付いています。

「ディープラーニングG検定公式テキスト」の口コミ

「本書はG検定の膨大な試験範囲のうち重要なトピックを限られたページ数に詰め込んだものです。これだけの紙幅によくぞこれだけの情報量をわかりやすくまとめたなと、読み返して思います。そう、あとから読み返せば。つまり、大胆に情報を圧縮してしまったために「元々知識のある人が読んだら感心けど知識のない人が読んでも頭に残りにくい」テキストになってしまっています。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3BUUNOU8PCTPR/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4798157554)

「効率的にG検定合格を目指される方がまず最初に読む本としておすすめできると思います。ただし、予備知識がない方がこの本だけで合格できるかと言われると、それは少し微妙な感じです。この本をきっかけに用語をネットで調べたり(日本語の分かり易い解説記事がたくさんあります)、AI白書を読んだりするとよいと思われます。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R6HW211JF52HW/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4798157554)

「人工知能、ディープラーニングに関しての概要や活用事例がきれいにまとまった本。この中のキーワードを暗記してアウトプットするという「G検定」のあり方には資格試験としてかなりの疑問を感じます(というか資格ビジネス以外の何物でもない)が、読み物としてよくできているので好印象です。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1AH63DBBJFKFB/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4798157554)

「資格試験のテキストは読んでいて面白くないイメージがありましたが、この本は普通に面白いので熱中してしまいます。また、数式はほとんど出てこず、私のような文系&無学が一冊目に読むのにももってこいだと思います。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R14L88RP6Y0MH8/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4798157554)

「読んでみると説明もコンパクトで、いままでの実務経験を言葉数少なく書いてくれていると感じました。また、実務上必要と感じていたところでも説明が十分でなかったりする部分も確かにありますが、逆に無理やり自分を納得させていた部分を丁寧に1つ1つ細やかに書き込んでいる感じがします。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R27UIBF7U67VOD/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4798157554)

「このテキストだけで合格できるか、というと、いい点は取れないかもしれないですが、きちんと読み込めば及第点は取れると思います。自分はこのテキストのみで合格しました。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R8L7B0A23PTVG/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4798157554)

「本書の内容が薄すぎるため、本番の問題を解くための力をつけることができません。たとえ、この本を何度読み込んでもG検定は合格できないでしょう。それぐらい本番の問題で問われているものと本書の内容に、大きな乖離があります。」

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R22Z2WM11PDTFN/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4798157554)

「まずはこの一冊から。読み物としても面白いです。ただ、この一冊だけではG試験対策としては不十分です。」

引用元:honto(https://honto.jp/netstore/pd-book_29238241.html)

「理系ではないが、高校数学を数IIや微積分対数かじったりしてれば、ほぼ無理なく、読めますが、いざ問題集で解ける内容まで詳しいかと言うと、やや足らないよう。」

引用元:honto(https://honto.jp/netstore/pd-book_29238241.html)

「機械学習、深層学習について少しでも知識を有してたら読みやすいし身に付きやすい。また、機会学習や深層学習が何故出来たか時系列とともに理解することができるのでタメになる本だと思う。」

引用元:楽天ブックス(https://books.rakuten.co.jp/rb/15618087/)

「ディープラーニングG検定公式テキスト」の
まとめ

日本ディープラーニング協会が執筆した、G検定合格対策として活用したいテキスト。また、ディープラーニングについて幅広く理解を進められる内容となっているため、入門書として活用することもできるといえるでしょう。

目指したいスキルアップ像で選ぶ
信頼できるE資格対策事業者3選

E資格の受験資格を得られるJDLA認定プログラム提供社(2022年3月15日時点)の中から、
・専門家の監修を受けている質の高い教材を活用している
・数多くの企業・受講者が過去に受講している
3講座をそれぞれの講座の内容から習熟度別に紹介します。

JDLA理事監修の信頼おける教材で
理論も技術も身につける

zero to one

講座の
おすすめポイント
  • JDLA理事でもある監修者と毎月MTGを行い、教材の鮮度と信頼度を確保。
  • 教育分野の有識者も顧問に加え、オンライン学習理論研究の知見を反映した独自の学習システムで、スムーズな自主学習を促進。

教材監修者

  • 松尾豊
    (東京大学大学院 工学系研究科 教授)
  • 岡谷貴之
    (東北大学大学院 情報研究科 教授)

費用

70,000円

※1

対象
個人/法人

実務経験者の
アドバイスで
ビジネスに活かす力を
つける

STANDARD

講座の
おすすめポイント
  • ビジネス面を重視し、アカデミックな部分だけではなく、ビジネス課題と技術を紐づけたカリキュラム。
  • 修了生対象のOJT代行サービスなど、研修後のフォローアップも豊富。

教材監修者

  • 越塚登
    (東京大学大学院教授)

費用

要問合せ

※1

対象
法人

基礎から学び
AIエンジニアの
地力を
つける

アイデミー

講座の
おすすめポイント
  • 基礎的な内容をカバーするコンテンツを含み、幅広いバックグラウンドのユーザーに対応。
  • 現役エンジニアであるチューターにSlackによる質疑応答が可能。

教材監修者

  • 國吉康夫
    (東京大学 次世代知能科学技術センター センター長)

費用

298,000円

※1

対象
個人/法人

各社の習熟度はJDLAのインタビューを参考にどの知識レベル向けに作成しているかを判断しております。
zero to one(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00002/)
STANDARD(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00004/)
アイデミ―(https://www.jdla.org/certificate/engineer/programs/bizlist/no00007/)
※1:2022年11月時点の調査結果です

あなたが求める講座はどれ?ディープラーニングの講座一覧

関連ページ

E資格対策業者3選 G検定対策業者3選